まち博おたから情報班
 
 
 

 

 
 班からのメッセージ  
萩の町には今も藩政時代からの伝統的な建造物や町割などが数多く残っています。

「まち博おたから情報班」では、これら古い伝統的建造物の価値が見直され永く保存されることを願って、平成21年度より記録用紙とデジカメを片手に町筋ごとに情報収集に取り組んできました。また、収集した建造物は「萩まちじゅう博物館」(屋根のない博物館)の構成要素にもなっていますので、多くの方に観て頂き観光資源としても活用されることを目指しています。





収集した伝統的建造物の特徴、画像、所在地などの情報をWEBアルバムやマップにまとめ、それらを巡るガイドマップ等と共にWEBサイトに集約し、「町筋に明治・江戸を訪ねる」のタイトルにて公開しています。(情報収集以後取り壊された建造物については、マップ上では削除しておりますが、アルバムには画像を記録として残しています。)
なお、WEB公開へのパソコン入力は、萩博物館にて毎月2回の例会時に説明書に従って行っておりデジカメ撮影やパソコンメールができれば、どなたでもできる作業です。


私たちのサイトは、こちらをクリック → 「町筋に明治・江戸を訪ねる」 (http://goo.gl/yhwJW)

既に旧市内(島しょ部を除く)の町並みをはじめ、旭地区・むつみ地区は調査を終え、WEBサイトに公開しております。今後は福栄地区・川上地区・田万川地区・須佐地区へと調査の範囲を広げています。
また、過去に調査収集しました「長州にゆかりの有名人の石碑と墓所」等の情報もWEBサイトに公開していますので、ぜひ閲覧お願いします。

年に一度は研修旅行を実施し、他の町に残る伝統的建造物巡りを行うなど楽しく活動しています。
私たちと一緒に活動しませんか?