名勝萩と長門峡之図 (屏風レプリカ)
 
 
 
 
 
 
萩博物館のエントランス正面に展示されている屏風「名勝萩と長門峡之図(複製)」の8分の1のミニチュアです。昭和7年(1932)、「大正の広重」といわれた吉田初三郎が描きました。萩の三角州を中央に、その左右には笠山と指月山を配し、上部には長門峡の景観を描かれ、日本上空から萩を中心に見渡した大パノラマ図が展開されています。

開いたとき: 縦24×横49cm

化粧箱収納時: 縦25×横26×高さ2.8cm

¥3,090